2015年01月28日

宿泊山行(観光)のお誘い

こんにちは。
52期コンパスの会の青木です。

突然ですが、宿泊山行(観光)の告知をさせて頂きます。
24期栞の会の関さんがコースをつくってくれました。
定員は車1台分8人までですが、車でご参加いただける方がいれば、その分、定員増できます。

計画は以下の通りです。
テーマ:房総の岩峰と廃墟めぐり
主旨:事務局含むOBの皆様の慰労と世代間交流
日程:土日に跨る、一泊二日


>初日:伊予ヶ岳と平砂浦
朝6時台に、学芸大学方面から車が出発(周辺の方は、随時お迎えも可)
8時半 第2次集合 木更津駅東口(アクアラインバスだと、横浜・川崎・品川を1時間前発くらい)
→以下、車(8人乗:関)で移動。車でご参加いただける方は、第2次集合場所へ。
*伊予ヶ岳(房総唯一の岳がつく山。鎖場のある岩峰で眺め良し)
*半島南端の平砂浦 サンドスキー場跡地
(不思議な内陸砂丘。ダンボールがあれば、そり滑りが楽しめる)
http://www.kawana-inn.com/no-06-2/
http://tourofancientbattlefield.blogspot.jp/2010/05/blog-post_13.html

宿泊候補地 高鶴山荘のコテージ(2食付き、電気・暖房・風呂あり:8000円くらい。人数によっては安くなる)
http://www.takatsuru.com/m_left.html

>二日目:房総自然系廃墟めぐり
*海女も利用していたプライベートビーチに降りる道
*太平洋戦争末期につくられた米軍迎撃のための戦争遺跡
その他、行ってのお楽しみ!

日没頃に、アクアライン海ほたるで解散。
→都心〜神奈川方面の方は、バスで川崎へ(1時間に1本)。
→多摩方面の方は、車で移動(学芸大周辺駅で解散)。

★初日雨天・二日目晴天の場合は、目的地を入れ替えます。
★二日間ともに雨天の場合は、廃墟の穴めぐりのみ実施。もう1日は鴨川シーワールド見学。
★昨年のような大雪の場合は中止。
★金曜日か月曜日に重ねる一泊二日も可能。
★途中参加、途中抜けも大丈夫です。
その他、ご要望があれば、穴場をご案内をして下さるそうです!!

曰く、伊予ヶ岳はおすすめの山だそうです。
登りは1時間、下りは40分程と高低差は少ないものの、立派な鎖場と岸壁を携えています。
大雪直後でなければ雪はありませんので、11月の奥多摩の山のような感覚で登れます!
平砂浦の内陸砂丘は、かなり変な場所だそうです(笑)
鳥取砂丘のミニ版。ほとんど人がいないはずなので、貸切気分で楽しめます。
二日目に選択したスポットは、地元出身の関さんが把握している、かなりマイナーな探検ルートです。
サイトの紹介も、おそらくないと思われます。
いずれもさほどの危険はないので、ワンゲル出身の方なら安全に楽しめるはずです!!

日程ですが、
2月28日〜3月1日
3月7日〜8日
3月14日〜15日
いずれかの土日にしたいと思います。


候補日の中から、参加者が最も多い日程を選びます。
もしご参加いただける、またはご質問などございましたら、青木までご連絡下さい。
○○○○☆○○○
(迷惑メール対策のため、@を☆にしています)
返答期限は2月10日(火)までとなっております。

それでは、皆様ご検討下さい。
沢山の参加をお待ちしております!!

※1月29日、一部修正しました。
※2月18日、アドレスを削除しました。
posted by TGWVOB事務局 at 14:39| Comment(0) | その他告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: