2015年06月24日

山小屋利用活性化プランのお知らせ

こんにちは。
52期コンパスの会の青木です。

24期栞の会、関さんが山小屋活性化のための活動計画を立てて下さいました!
主旨は付近のスポットを尋ねるついでに、山小屋を掃除しちゃおう!というものです。
現状、小屋の清掃は現役世代に大きく任せているところとなっています。
彼らの負担を減らし、同時に山小屋を通じて縦の繋がりを強める「多世代参加型活動」を目指しております。
卒業後、しばらく山小屋を訪れていない方もいるのではないでしょうか?
この度の企画はそんな方々も含め、皆様へ気軽に足を運んでもらいたいとの願いが込められています。

さて、具体的なプランをお伝えします。
第1弾:草津本白根山〜紅いコマクサを見よう〜
7月4〜5日(土日)開催です。詳細は以下をご覧ください。
第2弾:山古志村探訪
10月17〜18日(土日)開催予定です。新潟県山古志村を尋ねます。
詳細は追ってご連絡します。
第3弾:妙義山登山(石門コース)
10月〜11月開催予定です。難所である稜線ではなく、危険性の少ないルートを行きます。

関さんから第一弾の詳細をいただきましたので、以下に掲載します!

山小屋利用活性化プラン PART1
草津本白根山 〜紅いコマクサの大群落をみよう


24期栞の会の関秀明です。
山小屋・たかさ屋利用活性化、そしてOBOGの多世代交流を目的とした山・旅プランのPART1【お花見の軽登山】草津本白根山をご案内します。
今回は事務局の後藤花菜子さんとコラボで企画しました。年配OBの方も、若手OBの方も、お時間ありましたらぜひご参加ください。

コマクサはピンクのかわいい花が印象的で、「高山植物の女王」と呼ばれ、大雪山や白馬岳など限られた高山でしか見られません。ところが意外なことに2000mをわずかに超えるにすぎない草津本白根(もとしらね)に、大群落があるのです。しかも、他の山でみられるコマクサと少し違う、「紅い」コマクサ! 梅雨の真っ最中の7月初旬に満開を迎えるコマクサをみんなで見に行きましょう。

遊歩道を歩く易しいコース(標高差150m、計7km)。登山ブランクの長い方でも大丈夫。小学生中学年なら十分行けます。関の自家用車8人乗りで移動します。募集定員8人、ただし車をだしていただける方が参加すれば、その分定員が増えます。

時程 4日(土)朝5時台に学芸大周辺に第一次集合。6時台にJR新座駅に第二次集合。
関越自動車道・渋川伊香保IC下車、草津温泉経由で志賀草津道路へ。白根火山ロープウエイ山麓駅駐車場(200台)で第三次集合。以降、ロープウエイ山頂駅から約3時間の遊歩道散策。昼過ぎに下山、以降は山小屋に移動します。5日(日)は、約二時間の山小屋ワーク(簡単な片づけ、布団干し)に貢献いただいた後、群馬県みなかみ市の「たくみの里」で観光、帰京。
★集合時間と集合場所は、参加メンバーが確定してから、調整します。
★日帰り参加も可です。鉄道駅まで送迎します。
★初日雨天で二日目好天が確実な場合は、日程入れ替えて二日目に登山をします。

参加申込先・問合先=実行委員  詳細案内をpdfでお届けします
24期栞の会 関 秀明  seki☆kokon.co.jp
52期コンパスの会(本年度事務局) 後藤花菜子 hzmknk.7ta.1216☆gmail.com
(迷惑メール対策のため、@を☆にしています)

★草津白根火山の噴火の可能性と入山規制
 新白根の湯釜の火山活動が活発化し、志賀草津道路は通過可能なものの、峠のレストハウスの駐車場は規制のため閉鎖されています。しかし、私たちが目指す本白根は規制対象からはずれており、白根火山ロープウエイも動いていて、山頂駅から入山することができます。安全に登山できますのでご安心ください。気になる方は、関までお問い合わせください。
posted by TGWVOB事務局 at 05:51| Comment(2) | その他告知
この記事へのコメント
草津本白根の実行委員の関です。
週末はなんとかお天気よい状態で、コマクサをみることができそうです。

日帰りでのご参加も歓迎です。午後早い時間に吾妻線の鉄道駅か高崎駅にお送りできます。ご相談ください。

なお、もし参加ごく少人数の場合は、草津本白根登山の日帰りのみとし、山小屋のメンテナンスは人数不足のため機会を改めます。山小屋直行の方がいたら、予定どおり山小屋に向かいますので、山小屋直行の方も事前にご連絡をお願いします。
Posted by 栞の会 関 at 2015年06月30日 19:58
実行委員の関です。土曜日のお天気はまずまずのようですので、良い状態でコマクサをみることができそうです。日帰りでの参加も可能ですので、お気軽にお申し込みください。帰路は、吾妻線の鉄道駅か高崎駅にお送りします。

なお、参加がごく少数の場合は、山小屋メンテナンスは人数不足のために中止し、日帰り登山だけになる可能性もあります。山小屋に直行を考えておられる方がいたら、予定どおり山小屋で合流します。山小屋直行を考えておられる方がいたら、木曜日までにご一報をお願いいたします。
Posted by 栞の会 関 at 2015年06月30日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: